パチンコ店の余り玉、いらない?それとも貯玉する?

パチンコ店の、
余り玉、余りコインについてお話します。

 

 

 

余り玉とは?

 

カード景品に満たない余った玉です。

 

例えば、
計数が12300玉だったとします。

大景品1枚:5000玉
中景品1枚:1000玉
小景品1枚:500玉

大景品2枚(5000×2)、中景品1枚(1000×1)、
【ココ】⇒小景品1枚500玉に満たない余り300玉

この余り300玉が余り玉です。

 

 

 

カード景品にならなかったらどうなるの?

余り玉は、店舗で用意してあるお菓子、飲み物、タバコなどに交換できます。

 

売り場で余り玉分選ぶことができますし、
そのままカウンターへ行けば、カウンター内でのお菓子などに交換してくれます。

 

 

 

どうしても交換しなくちゃいけないの?

 

余り玉でお菓子、飲み物、タバコなどがいらなければ、
「余り玉は何もいらないです。」と言えば、カード景品のみの交換ができます。

 

 

 

会員カードのススメ

 

家族に内緒でパチンコ店に来ている!
いつもお菓子ばかりもらってるからもう何もいらない!

 

そんな方には、会員カード作成をオススメします。

 

数円を積み重ねれば何十円、何百円になるように、
余り玉も積み重ねれば、何十玉、何百玉、何千玉になります。

 

 

常連様を例にあげますが、

 

・来店1日目
余り玉500玉

 

・来店2日目
余り玉100玉

 

・来店3日目
余り玉50玉

 

・来店4日目
余り玉150玉

 

・来店5日目
余り玉300玉

 

5日間合計で、
1100玉分にもなります。

 

この1100玉を、
いつもお菓子に交換したり、何もいらないとしてしまうのは、
もったいないと思いませんか?

 

 

会員カードに貯玉すると、
※余り玉を会員カードに貯めることを貯玉といいます。

その玉で再プレイ可能です。
※当日貯玉と、前日貯玉では再プレイ可能玉数が店舗により違いますので、店舗内にてご確認ください。

 

いつも1000円投資するところが、
貯めた1100玉内でお金を使わず遊ぶことができます。

 

再プレイだけではなく、
貯玉を貯めて、カード景品に交換することも可能です。

 

 

 

パチンコ店員の本音

 

余り玉がレシートに書いてあるにも関わらず、
カウンターに来てレシートを渡され、そのまま売り場へお菓子を選びに行かれる方がいます。

 

店員はそんなにヒマではありません。

こちらはお客様が戻ってくるまで待っていなければいけないので、
時間を返してほしい気持ちになります。

 

そして、次のお客様がいらっしゃってもカウンターはひとつなので、対応ができません。
次のお客様をお待たせさせてしまうことになります。

 

戻ってきたと思ったら、余り玉オーバーで、
「あら!これは交換できないのね!」と言ってまた売り場に戻っていく。

 

日常茶飯事であるあるな話ではありますが、

スーパーのレジに買い物カゴを置いて、ピっピしている最中に、

「あ!あれもほしかったのよね!ちょっと待ってて!」
と言っているのと同じ感覚です。

 

何度説明しても同じことを繰り返されては、
こちらも疲れ切ってしまいますので、
余り玉でほしいお菓子などがある場合は、事前に選んできてくださいね。

 

 

 

まとめ

 

余り玉とは、
カード景品に満たない余った玉です。

 

お菓子に交換可能、会員カードに貯玉可能です。

 

ちりもつもれば山となる♪
参考にしてくださいね(^^)

 

About 桐島あい

シングルmama WEBライターの桐島あいです*

View all posts by 桐島あい →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)