パチンコ店 持ち出しや窃盗に該当するものは?

 

パチンコ店における”窃盗”に該当してしまうものは何かご存知でしょうか?

 

 

 

窃盗とは?

 

窃盗と聞いて思いつくものは何ですか?

 

窃盗とは、単純に盗むということです。

 

「わたしのものを勝手に持って行かれた!」

「わたしのものを盗まれた!」

 

人のものを断りもなく勝手に持って行く行為は窃盗です。

 

 

 

例えば、あなたが喫煙者で、タバコを買い忘れてしまったらどうしますか?

 

「同僚がタバコを吸っているから、1本くらいもらってもいいよね!」

 

そんな軽い気持ちで同僚に断りもなく勝手に1本持って行ってしまっただけで、窃盗になります。

 

 

 

パチンコ店での窃盗に該当するものは?

 

■玉やメダル

パチンコ店で遊戯するためには、玉やメダルを購入します。

お金を使い購入するのはお客様ですが、その玉やメダルはお客様の私物にはなりません。

 

パチンコ店では、玉やメダルをお金を使い購入していただき遊技できますが、

その玉やメダルはお貸ししているものです。

なので、貸したものは返していただくシステムになっています。

よって、玉やメダルをお店から持ち出しする行為は窃盗に該当します。

 

 

また、パチンコ店ではホール内に玉やメダルが落ちていることがありますが、

あなたが購入した玉やメダルではないのであれば、拾って自分のものにしてしまう行為は窃盗に該当します。

 

なので、遊技していないのに玉やメダルを拾っているお客様を発見した場合は、

ご案内や注意をしますし、聞いていただけないようであれば最悪出入り禁止になります。

 

 

パチンコ台の上皿、下皿に残ってしまっている玉や、

スロット台に残ってしまっているクレジットを自分のものにしてしまう行為も窃盗に該当します。

 

 

■その他

 

お財布、ICカード、レシート、カード景品、携帯電話、荷物・・・

 

お財布は、遊戯台付近に置き、遊技台から移動や離れる際にうっかり忘れてしまうお客様が多いです。

あとはトイレに忘れてしまうお客様も多いです。

 

ICカードは、遊技台からほんのちょっとだけ離れている間にあっという間に盗まれてしまう可能性が高いです。

 

盗む人が一番悪いですが、盗まれてしまうお客様に原因もありますので、

自分の身は自分で守るように、お財布やICカードもうっかり忘れてしまうことがないよう、しっかり管理していただきたいです。

 

 

「お財布がない!」

「ICカードがない!」

 

そういった接客にあたることがありますが、見つかる・見つからないは別として、探すのにめちゃめちゃ時間とられます。

 

ランプや箱提供で追われる中、いつ無くなったのか、いた場所・移動した場所はどこかなどをヒアリングし、

カメラ確認や実際にホール内を探すなど、店員ひとりが取られてしまうので他のお客様をお待たせさせてしまう現状に陥ります。

 

無い無いとさわいだあげくに、

「ポケットの中にあった!」

「カバンの中にあった!」

ということも日常茶飯事でおこるので、時間返してくれというのは心の本音です。

 

ICカードを持ち帰ってしまうことも、実は窃盗に該当しますので気を付けてくださいね。

 

 

 

窃盗は立派な犯罪行為です。

ルールを守って楽しみましょう。

 

About 桐島あい

シングルmama WEBライターの桐島あいです*

View all posts by 桐島あい →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)