パチンコ店 「台のかけもち遊戯」スタッフの本音。

 

シングルmama P店スタッフの桐島あいです*

 

 

パチンコ・パチスロ

台のかけもち遊戯は禁止です。

 

 

 

台のかけもちとは?

ご遊戯台は、おひとり様1台までです。

 

 

例えば、”スーパー海物語 in JAPAN wite桃太郎電鉄”で遊戯していたとしましょう。

海で貸玉をし、遊戯をしている間は、他の台での遊戯は禁止されています。

 

 

「あの台も気になる!」

「あとで遊戯したい!」

「他の人に取られたくないから、ここの台も取っておこう!」

 

2台以上、同時に台を確保した時点でかけもちです。

 

 

 

なぜ禁止されているの?

遊びたいお客様が遊べない。

 

遊戯台は無人であっても、遊戯台に玉またはメダルがあれば、誰かが遊戯している台だと認識するのが通常だと思います。

ということは、その台で遊戯したいお客様はもちろん遊戯することができません。

 

単に離席中なのか、それともかけもちされているかどうかは一目では判別できないでしょう。

 

 

そのお店に、スーパー海物語 in JAPAN wite桃太郎電鉄が1台のみの導入で、

スーパー海物語 in JAPAN wite桃太郎電鉄を目的にご来店されたお客様にとっては、

遊戯したい台が空いていない、遊べないから帰ろうとなるでしょう。

 

 

誰かが遊戯している、単に離席中なら話は別ですが、これがかけもちで遊べない状況であれば、

やはりかけもちは許されません。

立派な迷惑行為です。

 

 

 

お店側ににとっても、メリットがない。

 

台を確保されている間、もちろん稼働は上がりません。

 

常に店内巡回はしていますが、かけもちされている台だと一瞬で気づくことは難しいはずです。

 

スタッフが気づく場合もあれば、他のお客様にお声をいただき気づく場合もあります。

 

一度かけもちをしたお客様(かけもちをした時点でお客様とは思っていませんが。)に関しては、

顔ベースで覚え、要注意人物扱いです。

 

 

「いつもお金を使っているから。」

「わたしは常連だから。」

「覚えていない。」

 

笑える返しですね。

 

 

 

知らなかったでは済まされない話。

 

わたしは18歳のとき、長〇県の某パチンコ店に遊びに行きました。

そのとき、台のかけもちは禁止ということを知りませんでした。

それ以前に、かけもちというものが存在すること自体を知りませんでした。

 

 

他の台も気になり、遊んでみたら大当たり!

 

元々遊んでいた台でも大当たりしていたので、ラッキー!と喜んでいたら、

細いメガネの男の店員さんが・・・

 

なめてるんですガぁァっツ!!!!!

今度同じことをしたら出禁ですからねェぉぇ!!!!!

 

と、声を裏返しながら発狂されましたwww

 

そのとき初めて、パチンコ店は台のかけもちというものがあるんだ!

と知りました。

 

台をかけもち、大当たりまでしてしまい、他のお客様やお店側の人にはご迷惑をおかけしました・・・

がしかし、10代で若かったこともあり、未だに長〇県と言えば、あの店員さんというくらい、

印象には残りました・・・(笑)

 

 

かけもちを見つけた場合。

この店員さんのように、かけもちを見つけた際、1発K.O.はかましませんが(笑)

 

 

ご案内(1回目)、ご案内(2回目)、注意(最終警告)

が通常です。

 

ご案内があった際には素直に認め、素直にやめましょう。

 

言い訳しても逃げられませんからね(^^)

 

About 桐島あい

シングルmama WEBライターの桐島あいです*

View all posts by 桐島あい →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)